【悩み克服】毛深い女性を卒業!原因と対策・ムダ毛処理の方法を解説

  • 女性なのに毛深くて肌を出すのが恥ずかしい
  • 自己流でのケアをしてるけどこれでいいの?
  • 少しでもムダ毛を薄くする方法はないの?

このような悩みや疑問にお答えします!

ねこ部員

毛深いと言われて傷ついたことも。でも誰にも相談できないし…… 
部長、助けてー

自分のムダ毛が濃いと悩む女性は実はたくさんいます。

  • 肌を出すのがいや
  • 夏の制服に変わるのがこわい
  • そってもすぐ生える
  • 自己処理で肌が荒れる、痛い
しおり

ムダ毛が気になりだすとオシャレも楽しめませんよね。
ついついそこに目がいってしまうよく気持ち分かります!

私も若い頃から自分の毛の濃さには悩まされてきましたし、自己処理で肌を傷めてしまう悩みもよく分かります。

でも、大丈夫。正しい対策やケア方法を知れば不安は小さくなっていきますよ!

この記事ではムダ毛が毛深くなってしまう原因からこの悩みを解決する方法についてご紹介します。

女性なら誰しもモデルのようなツルツルのにあこがれますよね。

この記事を読んで毛深くなる原因を知り、適切なムダ毛の処理と対策を始めましょう!

本記事の信頼性
  • ヒゲジョ歴 10年以上
  • 認定脱毛士(脱毛サロン勤務)
  • ヒゲの隠し方も研究中
    (美容専門学校卒)
ひげのことならお任せ!
目次

女性の毛深い悩み 気になる部位はどこ?

一言でムダ毛といっても、体のいろいろな部位に生えますよね。

腕やすねのムダ毛、指の毛や脇毛など毎日チェックしてため息……

皆様はどこのムダ毛が一番気になりますでしょうか?

ねこ部員

一番はヒゲかな?隠せないし……

美容サロン向けに情報を発信するホットペッパービューティーアカデミーが2018年にムダ毛・脱毛に関する意識調査」を行っています。

その中のあなたは今までに、自分や他の人の、どんな部位の体毛・ムダ毛が気になったことがありますか」という質問に、女性の答えは以下のようになりました。(複数回答可)

あなたは今までに、自分や他の人の、どんな部位の体毛・ムダ毛が気になったことがありますか。
  • 1位 わき (90.9%)
  • 2位 ひざ下 (77.1%)
  • 3位 顔 (67.3%)
  • 4位  ひじ下 (63.1%)
  • 5位  Vライン (61.8%)
  • 6位  手・指 (59.5%)
  • 7位  Iライン (46.8%)
  • 8位  ひざ上 (46.1%)
  • 9位  ひじ上 (43.1%)
  • 10位  Oライン (42.8%)
  • 11位  背中 (42.7%)
  • 12位  胸 (34.1%)
  • その他 (0.5%)

参考:(株)リクルート ホットペッパービューティーアカデミー

ダントツで1位を得たのは脇ですが、他の部位への回答率も高く、体全体のムダ毛を気にしている女性が多いことが分かる結果となっています。

しおり

自分のムダ毛が気になりだすのは14~17歳頃という方が多いです。
その頃はかけられるお金も少なく、制服など決まったものを着ることも多いので、どうしたらよいかという悩みも深いですよね。

また、別の調査では自分のムダ毛を気にしている人は、男性が5割程度に対し、女性は8割近くにもなり、ムダ毛に悩む女性はとても多いのです。

私が毛に悩む女性に接していて日々感じることは、その悩みを「自分だけ」と感じたり、人より濃いと感じたりする方が多いいようですね。

あまり人と比べられるものでもありませんし、女性にとっては打ち明けづらい悩みなのだとも感じています。

女性が毛深くなる原因はなに?


皆様にとって悩ましい体の毛ですが、その「毛量」と「毛質」は遺伝で決まると言われています。

ですが、自分が元々もつ毛のレベルよりも毛が濃くなることがあります。

では、それには何が関係しているのでしょうか?

その答えが男性ホルモンです。

ムダ毛が濃くなる原因のひとつに、男性ホルモンが深く関係することが分かっています。

しおり

女性でも、男性ホルモンは分泌されていますよ。

さまざまな要因により、体のホルモンバランスが崩れてしまうことで毛が濃くなってしまうことが考えられます。

その要因として主に考えられるのは次の3つです。

  1. ストレス
  2. 偏った食生活
  3. 睡眠不足

ストレス

ストレスホルモンの分泌に大きく影響します。

なぜなら、ストレスは自律神経という体の調子を整える神経の働きを悪くしてしまうからです。

その結果、ホルモンが出にくくなったり逆に出すぎてしまったりということが起こります。

しかもストレスに対抗するために分泌される物質には、男性ホルモンを増やす働きがあるものがあります。

しおり

ストレスがたまると生理が止まる理由もうなずけますね。

これらの原因についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

偏った食生活

生活リズムの乱れやバランスを欠いた食事などを続けていても体がストレスを感じるようになります。

次のような食生活には注意が必要です

  • 塩分の多い食事
  • 牛肉などの動物性たんぱく質の多い食事
  • 脂質の多い食事
  • 過度のダイエット
しおり

ダイエットは適度な運動とバランスの良い食事でがんばりましょう!

決まった時間にバランス良い食事を取ることを心がけてくださいね。

睡眠不足

ホルモンバランスを整えるには睡眠も重要です。

睡眠不足で体のリズムが崩れると自律神経も乱れてしまい、男性ホルモンが優位になってしまいます

ねこ部員

夜更かしは毛深くなる原因だったのね

睡眠には「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンが大きく関係し、昼と夜のリズムを調節しています。

メラトニンは目覚めてから約14時間後に分泌が始まり、その2時間後に最大量に達します。

この時間までに眠れる状態にしておくと、質の良い睡眠がとれるのでおすすめですよ。

しおり

睡眠不足を解消するために寝だめをする方もいらっしゃると思います。
ですが睡眠の研究によると、寝だめをしても睡眠不足は解消されないということが分かっています。

毛深い悩みを解決する対処法とは?

それでは毛深い悩みを解決する方法についてご紹介しますね。

まずは、バランスの良い食事と生活リズムを整えることを心がけ、内側からのケアを始めてみましょう!

しおり

生活習慣を整えるとお肌の調子も良くなりますよ♪

また、日常生活でできるだけストレスを溜めないことや、溜まったストレスの発散方法を見つけておくことなどの対策も考えてみてください。

次に、外側からのケア方法としてムダ毛の処理についてお伝えします

ムダ毛を処理する方法は、次の3つの方法があります。

  • 脱毛する
  • 除毛クリームやワックスで処理する
  • カミソリやシェーバーでそる

脱毛する

脱毛にもいろいろな方法がありますよね。

クリニックやサロンでの脱毛はレーザーや光線を毛根に当てて死滅させたり弱らせたりします。

費用や時間がかかりますが、それだけに効果を期待できます。

でも、学生さんや子育て中の主婦の方には費用や時間がかかるため、かなりハードルが高いものですね。

そこで、自宅で毛抜きを使って抜けば同じなのでは?と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ところが、毛抜きで抜くのは肌にとって良くないことが多いのです。

  1. 肌を傷める
  2. 毛穴が拡がる
  3. 埋没毛(まいぼつもう)が生じる
  4. 色素沈着を起こす
しおり

手軽な方法ではありますが、むやみに抜くのはおすすめできません!

除毛クリームやワックスで処理する

除毛クリーム、ブラジリアンワックスなどでムダ毛処理する方法もあります。

除毛クリームはムダ毛を溶かして除去するもの、ブラジリアンワックスは毛根からムダ毛を抜くものです。

一度に広い範囲のムダ毛の処理ができますから、腕や足などのムダ毛には便利ですね。

しかも、処理後はチクチクするムダ毛が生えてきにくいというメリットがあります。

ですが、どちらも肌への刺激が強いので顔やデリケートゾーンには使えません。

また、連続の使用には向きませんので説明書を読んで正しく使いましょう。

ねこ部員

口元に使えないのは残念…

カミソリやシェーバーでそる

カミソリやシェーバーでそる方法は、いちばん手軽で費用もそれほどかかりません。

そる前の準備とそったあとのケアをきちんとすることで、肌にやさしいムダ毛処理ができますよ

効果的なそり方のポイントは次の4つです。

  1. そるタイミングに注意
  2. そる前のケアもする
  3. 正しいそり方でそる
  4. そったあとのケアもしっかりと

そるタイミング

ムダ毛をそるタイミングをちんと考えておこないましょう。

肌荒れしやすい次のような時期は外してくださいね。

  • 生理の前後
  • 日焼けする前
  • 日焼けした後

生理の前後はニキビができたりたり肌荒れしたりしやすいので避けましょう。

日焼けの前後を避ける理由としては、そることによって肌表面が削られてしまうからです。

日焼けによるダメージとそることによるダメージが重なると、肌にとってはかなり大きな負担となります

肌トラブルの元になりますので注意してくださいね。

そる前のケア

そる前のケアポイントは次の2つです。

  • そる部分を清潔にする
  • そる部分にローションやシェービングフォームをつけて肌を守る
しおり

カミソリ負けが起きるとあとあとツラいですよね。事前のケアをしっかりしてからそりましょう!

正しいそり方

肌を傷つけないようにそり方にも気を付けたいですね。

  • 毛の流れに沿ってそる
  • カミソリの刃はゆっくりと動かす
しおり

そり残しが無いようにするには、毛の流れに沿ってゆっくり刃を動かすのがポイントですよ!

そったあとのケア

そったあとは、丁寧に洗い流ししっかりと保湿してください。

化粧水や乳液、ローションなどでいつものケアよりもしっかりめに保湿しておくことで肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりというトラブルを防げます。

そる際にフェイスシェーバーを使うと、カミソリよりも手軽で肌への負担も軽くてすみます。

とはいえ、シェーバーでそったあとでも保湿はしっかり行ってくださいね。

しおり

私が普段愛用しているパイナップル豆乳ローションプレミアムは、ムダ毛処理後の肌を守るのにはベストなアイテムです。
私はヒゲ処理後の肌に使っていますが、全身どこにでも使っていただけます♪

パイナップル豆乳ローションプレミアムを使っている私の感想や口コミはこちらの記事でご覧いただけますよ。

女性の悩み 毛深いムダ毛を解決する方法のまとめ

ムダ毛が濃いと悩む女性は決してめずらしくありません。

手足のムダ毛や口回りの産毛はとても目につきやすいだけに日ごろのケアが大切になりますね。

ムダ毛が濃くなる原因は2つ考えられます。

  • 遺伝によるもの
  • 生活習慣の乱れによるもの

遺伝はどうしようもない部分ではありますが、内側と外側からのケアで今の状態を改善していくことは可能です。

内側からのケアとしてできることは次の3つです。

  • 生活リズムを整える
  • バランスの取れた食事
  • ストレスと上手く付き合う方法を見つけておく

外側からのケア方法として脱毛したり、除毛クリームやブラジリアンワックスなどを使って処理したりする方法があります。

ですが、脱毛に通うとなると時間や高額な費用がかかりますね。

除毛クリームやワックスはデリケートな部分には使えないなどというデメリットがあります。

そこで私のおすすめしたいのは、自宅で手軽にできるカミソリやシェーバーでそるという方法です。

そるときは、次の3つのポイントをおさえて肌荒れを防ぎましょう。

  • そる前の肌を清潔にしてシェービングフォームなどで肌を守る
  • 毛の流れに沿ってゆっくりとそる
  • そった後の肌はしっかりと保湿する
ねこ部員

自宅でできるのはうれしい!

きちんとした方法を知れば自分でムダ毛処理をすることの不安もなくなりますね。

体の内側と外側からのケアでムダ毛の悩みを解決しちゃいましょう♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる